TOP

カーテンサイズの測り方

手軽にお部屋の雰囲気をガラッと変えることの出来るカーテン。
そんなお手軽なカーテンを買う際にカーテンサイズの測り方が分からず、選び方に困ってしまったことはありませんか?
今回は、お部屋にぴったりのカーテンを選ぶための、カーテンサイズを正しく測るコツをご紹介します。

目次

カーテンサイズを測る時、現在お使いのカーテンを直接測ってしまってしまうと、サイズ間違いの元になってしまいます。
カーテンサイズの横幅、高さを測るときには、必ず「カーテンレールを基準に測る」ようにしましょう。

カーテンの幅は、カーテンレールの端にある「固定ランナー」と呼ばれる一番端の留め具を基準に測ります。
図る場合は、メジャーの端を固定ランナーに合わせて、レールと平行になるように測ります。

(1)装飾レールの場合

装飾レールの場合は、レールの端が様々な形になっていますが、
機能性レールと同様にメジャーの端を固定ランナーに合わせて測ります。

(2)出窓の場合

出窓などでカーテンレールが窓沿いに緩くカーブしている場合は、
カーブに沿って計測してください。

カーテンレールの幅がわかったら、カーテンの幅を計算しましょう。
横幅をジャストサイズにしてしまうと、隙間が空いてしまう場合がございますので、実際に採寸した寸法よりもプラス5%ほど余裕を持ったサイズにしましょう。

また、SAKODAでは実際に寸法した幅より5%程加算したサイズを推奨しておりますが、あまり深刻に考えなくても大丈夫です。
レールの長さより少しでも長いカーテン幅であれば、ほとんど問題ありません。

カーテンの高さの測り方は、ご自宅の窓のタイプで変わります。窓のタイプは主に3つです。

ここからは、窓別に高さの測り方をお伝えしていきます。

固定ランナーの下から、窓の下までを計測します。
カーテンの丈は、計測したカーテンの高さにプラス15~20センチしましょう。
斜めに差し込む日差しをったり、断熱効果も高めたりすることができます。
下にソファなどの家具を置いている場合は、家具に合わせて少し短めに調節しても大丈夫です。

固定ランナーの下から、床までを計測します。
カーテンの丈は、計測した高さをより1cm程度短くしましょう。
ほつれやホコリの絡まりを防止することができます。

固定ランナーの下から、窓台までを計測します。
レールの位置に寄って注文サイズが異なりますので、まずはご自宅の出窓のレールの位置をご確認下さい。

▼レールが外側ある場合

出窓の外側に下げるカーテンは、腰窓と同じく、計測したカーテンの高さに
プラス15~20センチほど足したサイズを選びましょう。

▼レールが内側ある場合

出窓の内側に下げるカーテンは、窓の下からマイナス1センチ程の長さにしましょう。

外側にレースのカーテンを下げる場合は、厚手のカーテンよりさらに1cm短いサイズにしておくと、部屋の中から見た時にはみ出さず、見栄えが良くなります。

※出窓などの場合は台から隙間が空きすぎる場合もあるので、お好みで厚手のカーテンと同じサイズにしていただいても大丈夫です。

SAKODA店舗では、『無料裾上げサービス』も行っております。
当店でお買い上げの既製カーテンなら、ぴったりのサイズに無料でお直しいたしますので、既製カーテンの丈が合わなくても安心です。
詳しくは店頭スタッフまでおたずねください。

また、オーダーカーテンの無料お見積り・出張採寸サービスも行っております。
オーダーカーテンのご購入をご検討中の方は、ぜひお気軽に相談くださいませ。

▼カーテンの出張採寸お申し込みはこちら

今回はカーテンサイズの正しい測り方をご紹介いたしました。
採寸のポイントを抑えていれば、あとはお好みの柄や色で選ぶだけですね。

カーテンサイズを正しく測って、それぞれのお部屋にぴったりのカーテンを見つけてみましょう。